韓国映画 「天国への郵便配達人」

天国

体調崩しちゃったのでだらだらとDVDを観ていました。
自分の年齢を考えずに久しぶりに完徹しちゃったら疲れが取れなくて何日も引きずるの~

だって朝方からの女子サッカーの決勝を見たかったんだもん、仕方ないよね。
でも起きて見てて良かった~!
なでしこJAPAN優勝しちゃったね~ おめでと~


これって映画?ドラマ?
脚本は北川悦吏子。

「テレシネマ7」という日韓共作の企画だったようです。

2007年、上海で開かれた第2回東アジア脚本家カンファレンスに参加した日本放送作家協会員より発案された企画で、日本放送作家協会理事長・市川森一と韓国KOFICE理事長・シン・ヒョンテクが共同企画者となり、日本放送作家協会の協力のもとで実施され、コンテンツの新しいビジネスモデルを提案するものとなっている。
国境を越えて同じ感動を共有できるような作品を目指し、市川からのオファーに快諾した日本の脚本家がオリジナル作品を執筆し、韓国の人気俳優が出演し、韓国の監督によって7つの作品が制作された。
韓国では2009年11月5日より公開され、その後日本でも2010年5月29日より公開された。

本作は下記7作品で構成されている。

『天国への郵便配達人』
『トライアングル』
『石ころの夢』
『顔と心と恋の関係』
『楽園』
『結婚式の後で』
『19』


その7本のうちの1本がこの 「天国への郵便配達人」 らしいです。

主演はJYJのジェジュンとハン・ヒョジュ。
演技はまぁまぁこんなもんかな~って感じだったけど
綺麗な映像で雰囲気は好きな感じ。
脇役のおじさんとおじいさんが好きな俳優さんが出ていました。

ハッピーエンドで良かったね~

はぁ~、それにしてもダルい・・・
めまいは台風の気圧のせいかも。
この記事へのコメント
コメントを書く
管理人にのみ表示