図書館で借りた本 ★奇跡の脳



奇跡の脳 ジル・ボルト・テイラー著

私がくも膜下出血で脳の手術をしたと伝えたら、
ジムのパーソナルトレーナーさんから勧められた本です。

脳神経学者のジル・ボルト・テイラーが37歳で脳卒中になり
8年かかって復活したそうです。

兄が統合失調症だったことで脳に興味を持ち
脳科学の専門家になったそうです。
専門家だからこそ脳の仕組みや役割を熟知していて
自分の発症から復活までのことがわかるんでしょう。

著者は左脳での出血で左脳にダメージを受けたことで
役割の違う右脳の働きを意識したようです。
今でも左脳は完全に元通りではないみたい。
私は右側だったから反対側ね。

リハビリ過程を読んでいると、自分にも思い当たることがたくさんあった。
入院中の脳を使うリハビリが疲れて嫌でしょうがなかった。
簡単な質問をされてもわからない自分がバカになったようで落ち込んだ。
痛みと思うようにならないもどかしさで
あのまま死んでしまったほうが楽だったかも、と何度も思った。
今では運よく生きていて感謝しているけど。

脳機能はリハビリで回復するよ、と言われていたので
頭が痛くてどんより重くて、外からの光や音の刺激が辛くて
何も考えたくなかったけど
一生懸命思い出して、退院後早い時期からブログを書いた。
そのことがとてもいいリハビリになったと今では思っている。

息子が頻繁に泊まりにきて、お喋りに付き合ってくれて
難しいしりとりやクイズを出されて考えると、頭の中がいつも熱くなった。
息子に勧められたパズルやゲームができるようになり、
徐々にいろんな事を思い出して、反応が早くなっていき
今ではほぼ病気前に戻ったかも、とまで思う。
たまに度忘れや思い出せないことがあると
「脳の後遺症かも」 と言うと、ただの老化だよと言われる。

手術の傷跡には5年間マヒの感覚が残っていて、
頭蓋骨のドリルの穴は完治するまで6年かかった、と書いてあった。
私なんてまだ1年。
傷跡が痛くてボコボコしていても、頭蓋骨の穴も触ると気になるけど
まだたった1年しかたっていないんだし、痛くて当然なんだと思える。
右側の出血だったので、入院中は左側にマヒが出たけど今は大丈夫。
でも時々左半身に違和感があるとドキっとする。

もちろん病気にはならないほうがいいけど
今この状態まで回復したし
病気になって得たもの、わかったこともあるから無駄ではなかったと思える。

book41b.jpg

 ↓ 1日1回ポチっと押してくれたら嬉しいです~


にほんブログ村
にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村

1/22の夕飯 ★とんこつ味噌ラーメン鍋



1/22(月)の夕飯

★とんこつ味噌ラーメン鍋
 (鶏モモ・つくね・白菜・ねぎ・豆腐・オクラ・ラーメン)
★キムチ
★黒豆
★締めに卵入りおじや

買い物に行ってないので、冷蔵庫にあるものでラーメン鍋。
鍋キューブのとんこつ味噌味を初めて使ってみたけど
あんまり好きじゃないかも・・・
私が好きな豆乳味とキムチ味がどこにも売ってない。
去年買った在庫が無くなってしまいました。

昨夜は大雪だったけど夫は車で帰って来ましたよ。
幹線道路は交通量が多くて雪は溶けていたそう。

息子は先週末から帰ってきていて、朝はこちらから通勤しました。
雪を考慮して帰宅は早めに一人暮らしの部屋に帰ったのに
家の鍵が無いと連絡が・・・こっちに忘れていました(汗)
不動産屋に連絡してもすぐにはスペアキーの手配ができなかったそうで
結局またこっちに帰ってきました。
大雪で交通網が乱れる中、あっちへこっちへ、ばかだね~。

今日は玄関前の雪かきで大汗をかきました。
並びの5件分をやったのでけっこうな運動量になりました。
今日はもうジムに行かなくていいわ。

 ↓ 1日1回ポチっと押してくれたら嬉しいです~


にほんブログ村
にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村