くも膜下出血で手術・入院生活⑧早すぎた退院

今日は朝から良い天気でした。
昨日まであった頭痛が無くて気分が良かったから
やっぱり気圧のせいで体調が悪かったみたいです。

午後からお散歩がてらお買い物に行きました。
一人での外出2回目です。
駅まで一番近道は大きな幹線道路沿いですが
車がビュンビュンで怖いので小さな裏道を歩きました。
徒歩5分のツタヤまで15分かかってしまいました。
またまた白髪のおばあさんにも追い越され・・・

(心配する家族にラインで現在位置を伝えながら移動)
170316.jpg

やっとのことで駅のガード下の商店街に着いて
休憩所でベンチに座って水分補給しました。
周りはご老人ばかりでした。
ベンチのありがたさを思い知りました。
パンとカステラを買って帰ってきました。
本日は1時間程度の冒険の旅で疲れました~。

さてさて、入院生活24日間でいよいよ退院です。

2/12(日)
日曜日なのにまだインフルエンザのせいで面会禁止。
病棟もとても静かだった。
日曜日はリハビリも無くてヒマ過ぎる。
点滴の管もすべてはずれて歩くのも楽チンになった。
友人たちにラインしたり
電話コーナーのソファまで歩けるので電話したり。
午後に夫と息子がゼリーを持ってきてくれると言うので
時間を見計らってエレベーター前をウロウロしてて会えた~!
ほんの少しの時間だったけど息子に一週間ぶりに会えて嬉しかった。
久しぶりに会った息子は、私が歩いているのを見て驚いていた。
一週間前はICUで寝てたもんね~。

2/13(月)
午後3時に夫が先生に呼ばれていた。
私は本当に退院できるのか?
朝、看護師さんに聞いたら退院できるみたい。
へ?こんなに急で簡単なものなの?って感じ。
退院後の注意も何もないし、不安。

夫が来て、一緒に主治医のところへ。
私の脳の画像を見ながらいろいろ説明されたけど
初めて聞くことばかりでショックを受けた。
私ってこんなに危険な状態だったんだ~、
命が助かって良かったと改めて思った。
手術の腕はいいみたいだけど
あまり面倒見の良い先生ではなさそうで
私のたくさんの不安を一蹴して 「大丈夫でしょう」 で退院決定。

退院して家に帰って、息子も仕事が終わってから来て
家族3人で一緒に過ごせて嬉しかった。
でも、体はすごくキツかった。
夫とも退院3日くらい早かったかもね、と話した。
すぐに夫はインフルエンザを発症してしまったり
退院して一週間くらい、自分で食べるものも作れなくて
カステラと牛乳とバナナとヨーグルトで生きていた。

ランキングに参加しています
 ↓ 1日1回ポチっと押してくれたら嬉しいです~


にほんブログ村
にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村