2016ふるさと納税返礼品 ★まぐろ刺身セット



静岡県からのふるさと納税返礼品、お刺身用まぐろです。
南まぐろ、特上中トロ、のシールが貼ってあります。
冷凍でカチンカチンで大きなドライアイスが入っていました。

これ、くも膜下出血で倒れた日のお昼に届いたんだよね。。。
1ヶ月くらい冷凍庫の中でした。

夫と息子に食べてもらったところ赤身が美味しかったそうです。
切り方ひどいね~。
私はまだ生ものを食べる気にならないのでパスしました。
この写真の3倍くらいの量でした。

maguro2.jpg

今までのように夕飯も作れないのでカテゴリー変えると思いますが
こんなブログでも読んでくださる方がいると励みになって更新できそうなので。
まだ次を決めてないのでとりあえずよろしくお願いします。

ランキングに参加しています
 ↓ 1日1回ポチっと押してくれたら嬉しいです~


にほんブログ村
にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村

くも膜下出血で手術・入院生活④歩いて入院した派手なネイルの患者

入院生活つづきです。

1/31(火)
手術から10日たってもまだ頭はとても痛くて
点滴の他にも一日4回痛み止めを飲んでいた。
痛み止めの薬はまだ飲めるけど
血液をサラサラにする粉薬が苦くてずっと苦労していた。

相変わらず病院の食事はほとんど食べられないので
夫が差し入れしてくれるヨーグルトやアイスクリームばかり食べていた。
アイスクリームを食べているところを主治医に頻繁に目撃されて
「またアイス食べてるの?」 と笑われていた。

この日、この病院の院長とか理事長とかがベッドまで来て
「歩いて入院した〇〇さんだね、頑張ってくださいね」
みたいなことを言われた。
この 「歩いて入院した」 という言葉、入院中何度も言われた。
担当の看護師さん達や脳外科の医師達とか。
どうしてそんなことを言うんだろうと思っていた。

退院してから一度、かかりつけの近所のクリニックに行ったとき、
今回の経緯を説明したら
「そりゃ良かった、2人にひとりは死んじゃうんだよ」 と言われた。
私はその言い方に少しショックを受けていたら
付き添っていた夫は違ったふうに聞こえたって。
「大変な病気だったのに生きていて幸運だった」 という意味だと。

今になっていろいろわかってみると
くも膜下出血はその場で意識を失ってしまうことが多く
救急搬送されて手術しても亡くなることもあるし
重い後遺症が残ることも多いらしい。
脳動脈瘤が破裂して脳出血している状態で
自分の足で歩いて病院まで行くこと自体がめったにないことらしい。
(実際は病院までは夫が運転する車で行って、駐車場から歩きです)
私にとっては痛いし辛いしとても悲しいことだったけど
この病気をよく知る医療従事者は皆、口を揃えて 「不幸中の幸い」 と言った。
そうかもしれないけど・・・なりたくなかった。

処方の痛み止めを出してもらいにいった薬局の薬剤師さん、
身内の方が40代でくも膜下出血で亡くなったそうで
「こういうことを言うと宗教がかって聞こえて引かれるかもしれませんが
この病気で今こうして生きてることは何かに守られているんですよ」
と、しんみりと諭すように言ってくださいました。
その言葉は心に沁みました。

あと、入院中に言われていたこと。
ど派手なピンクのネイルをしていたときだったので
看護師さんやヘルパーさんに
「私たちは仕事柄ネイルできないのよ、綺麗でいいね~」
と毎日のように言われていました。
そりゃ目立つよね~、ICUであの色は・・・

このネイル です。

ICUの患者さんはみんな2~3日で一般病棟に移る。
2週間(最後にアクシデントがあってプラス2日で16日間)
もの長い間ICUにいた私は、すっかり馴染んでしまい
くも膜下出血で歩いて入院した派手なジェルネイルのおばさん
と、たぶん呼ばれていたに違いない。

2/1(水)
朝は熱が下がってすごく楽になった。
朝食のロールパンにジャムをつけて1個くらい食べられた。
でもなんか耳の聞こえが悪い。
音がこもるみたいでいつもの半分くらいの大きさに感じる。
耳にも影響が? ビビる。
夕方からまた熱が38度以上になって辛くなった。

2/2(木)
この日も耳の聞こえが悪い。
顔の右半分が引きつっている感じがする。
額から右耳まで傷があるからそのせいなのかな?
息子が面会に来て、差し入れはチョコレート。
大好きだけど2粒だけにしておいた、美味しい。

この日、日記を書いているときに床にペンを落とした。
1度目は近くにいた透析スタッフに声をかけて拾ってもらった。
2度目は近くに誰もいなかった。
自分で起きて拾うことはできないし、ナースコールするのも気が引けて
ベッドから足を出して足の指でつかんでなんとか拾った~。
このとき、あ、私、大丈夫かも、と思った(笑)

私のベッドから見える場所に透析の装置が置いてあって
入院中の透析患者が一日中かわるがわる透析に来た。
患者さんとスタッフの会話が聞こえてくるんだけど
ほとんどが患者さんの不平、不満、文句だった。
透析生活って不自由なんだろうな~。
私は透析はやらなくていいように気をつけようと思った。
くも膜下出血で後遺症の心配もあるのに、何言ってるんだろうか。

今までのように夕飯も作れないのでカテゴリー変えると思いますが
こんなブログでも読んでくださる方がいると励みになって更新できそうなので。
まだ次を決めてないのでとりあえずよろしくお願いします。

ランキングに参加しています
 ↓ 1日1回ポチっと押してくれたら嬉しいです~


にほんブログ村
にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村