くも膜下出血で手術・入院生活③根性でトイレに行く

家族揃って楽しかった週末が終わり
日中は一人の平日に戻ってちょっと不安。
体調も良かったり悪かったり、日によって不安定です。

今回の病気で、息子の優しさ細やかさを再認識しました。
夫は口で言ってもわからなくてイライラすることがあるけど
息子は私が望んでいることを先回りしてやってくれます。
これはもう性格というか性分だから仕方無いんでしょうね。
息子からも、パパなりに一生懸命やってるんだから、と諭されました。
自分の健康のためにもあまりイライラしないようにしなくては。
「ママがパパに小言を言ってるのを聞くと、元気になったんだな~って安心する」
と息子に言われてしまいました。

今回の手術・入院では夫の動じない性格に救われたかも。
毎日2回日課のようにお見舞いに来てくれて
必要以上に悲しむでもなく、いつもと同じような態度で
大丈夫、順調だよ、と安心させてくれました。
オロオロする人だったら、私はもっと不安だったかも。
つい不満や文句ばかり言ってしまうけど
感謝しています、ありがとう。

入院生活のつづき。

1/27(金)
この日から朝食をパン食にしてもらった。
フレンチトーストみたいなものが出て、少し食べられた。
午後から熱が上がって頭痛も酷くてヘロヘロ状態。
昼と夜のお粥は相変わらずほとんど食べられず。
夫が昼と夜に面会に来てくれて
最初の頃、ICUは面会時間は10分くらいに、と言われたけど
日参してたら1時間くらいずつ居ても何も言われなくなった。
家族との会話だけが楽しみ。

1/28(土)
手術から一週間。
熱が高いせいで食欲が全くない。
朝昼晩、食事はほとんど食べられず。
ドリンクゼリーとヨーグルトで薬をやっと飲んだ。
夫と息子が昼と夜に面会に来たけど
私の状態が良くなかったので息子が心配してメソメソしていた。
MRI検査があったけど、本当に嫌い。
騒音も嫌だし閉所恐怖症なので怖い。

1/29(日)
朝はパンを少し食べて牛乳で薬をやっと飲んだ。
昼はほとんど食べられず。
夫と息子が昼と夜2回面会に来てくれて
その度にアイスクリームやヨーグルトを持ってきてくれて
それくらいしか食べられなかった。
連日下剤を飲んでも大きい方が全く出ない。
肛門に指を入れられて油(?)を塗られた(女性看護師さんでした)
でもベッドの上でオムツには絶対にできないと思う。

1/30(月)
夜中に高い熱が出て苦しくて酸素吸入と氷枕をしてもらう。
朝もほとんど食べられず。
昼食からメイバランスという栄養ドリンクが出されるようになった。
すっごく甘いけど、とりあえずその味でごまかして薬は飲める。

トイレに行きたいような気がしたけど
寝たままおまる(?)のようなものをお尻の下に置かれても出ない。
トイレでしたい、ベッドでは絶対に無理、
と懇願してやっとトイレの許可がおりました。
点滴やオシッコ袋をぶら下げたまま点滴棒につかまって、
リハビリ師さんに支えられてトイレまでヨロヨロ歩いた。
(たぶん少し前から立つリハビリはしていたと思う)
歩くのやっとだったけど必死だった。
スライド式のトイレのドアは鍵をかけず少し開けたままで
ドアの外ではリハビリ師さんが待機(しかも男性)
その状態でもウォシュレットしたら割合すんなり用を足せました。
やった~!勝った!と思いました。
でも怖かったけどね。

この頃は体中に点滴やらいろいろな管がついていたので
ベッドから離れるのが本当に面倒で大変でした。
腕だけじゃなく首からも薬の点滴が常時3本くらいつながってた。

この頃に頭の傷の抜糸(ホチキスだから抜鉤?)したはず。
ちょっと雑な感じの医者が、ホイ、ホイ、とかテンポよく外して
てっぺんの辺りは少し痛いくらいで大丈夫だったけど
耳の上辺りがすごく痛くて、イタイイタイと言ったら
「誰だよ~、こんなに耳までやっちゃって~」だって・・・(泣)
その後の処置も何もなくて
「ガーゼとか絆創膏は?」と聞いたら
そのままで大丈夫~、だそうです。
恐る恐る触ってみたら、髪の毛が血で固まっていて傷には触れなかった。

まだ入院生活は続きます。

今までのように夕飯も作れないのでカテゴリー変えると思いますが
こんなブログでも読んでくださる方がいると励みになって更新できそうなので。
まだ次を決めてないのでとりあえずよろしくお願いします。

ランキングに参加しています
 ↓ 1日1回ポチっと押してくれたら嬉しいです~


にほんブログ村
にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村

2016ふるさと納税返礼品 ★コシヒカリ20キロ(実家へ配送)



入院前にUPしていなかった記事です。
母親を配送先にしたお米です。
1月中旬に届いたそうです。

茨城県のコシヒカリ、たぶん20キロ?
とても美味しかったそうです

我が家と違ってお米をたくさん食べる家なので
きっと順調に消費してくれることでしょう。

母親宅への配送予定はあと2つ。

今までのように夕飯も作れないのでカテゴリー変えると思いますが
こんなブログでも読んでくださる方がいると励みになって更新できそうなので。
まだ次を決めてないのでとりあえずよろしくお願いします。

ランキングに参加しています
 ↓ 1日1回ポチっと押してくれたら嬉しいです~


にほんブログ村
にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村

くも膜下出血で手術・入院生活②男性看護師にシモの世話をされる

土日で息子が帰ってきています。
簡単だけど食事を作ったりして頑張りました。
体は少し疲れるけど、これもリハビリ。
家族が一緒にいる安心感からか気持ちがかなり元気になって
食欲も出てきました。

入院生活つづき。

1/24(火)
この日の昼の面会時に夫に家から持ってきてもらったもの。
家でつけていた5年日記帳です。
たった3~4行のメモ程度だけど、今思い出すのに役立っています。

この日からリハビリが始まりました。
リハビリと言ってもベッドからは一歩も動けないので
リハビリ師さんが足を動かしてくれるだけですが。
やっておかないと自分で動けるようになったときに歩けないんだって。
午前中に一人、午後に二人。
ヘロヘロ状態の私にはきつくてそっとしておいて欲しかったです。

ジュース、ゼリー、ヨーグルトなどを食べられるようになった。
微熱が出始めた日。
この日から微熱と高熱が一週間以上続くことになる。
38度を超えるたびに 「決まりだからごめんね~」 と
インフルエンザの検査で鼻の奥をグリグリされた。
頭が痛いのに地味につらかった。
夫が昼と夜に面会に来てくれた。

1/25(水)
ICU内でベッドの場所が移動になった。
今までの両隣は人工呼吸器で意識の無いおじいさんとおばあさんらしく、
機械音がずっとうるさいだろうとの配慮らしかった。

夫は昼も夜も面会に来てくれた。
病院の食事が全く食べられなくてジュースのみ。
家族からの差し入れは何でもOKの許可が出て
夜の面会時に大好きなヨーグルトを持ってきてもらって食べた。
美味しいと感じた。

1/26(木)
この日も熱があって、病院の食事は牛乳くらいしか飲めなかった。
昼の夫からの差し入れのヤクルト、ヨーグルト、ラ・フランスを食べた。
夜の面会には夫と息子が2人で来てくれて嬉しかった。
熱で体調はつらかったけど元気が出た。
家族と一緒にいると生きていたことが本当に嬉しかった。
2人に両手を握られて、私は幸せだなぁと思った。

私は出産以外にも何度か入院しています。
長い入院は3度目だけど、今回気づいたこと。
男の看護師さんが多い~。
ICUだからなのかな? そういう時代?
日勤と夜勤の看護師さんが交代のタイミングで
「今日の担当の〇〇です」 とご挨拶されるのですが
私の担当は半分くらいの割合で男性看護師さんでした。
頼りがいがあっていいのですが・・・
一日一回おシモを清潔にしてもらうのがありまして・・・
男性看護師にやってもらって病人なのにビビりました。
オムツ交換もですよ!!!
私はオシッコはチューブが入っていたので袋に溜まっていましたが
大きい方なんて絶対に出ない! 無理!
そのためなのか、入院してから一週間以上便秘になったのでした。

つづきます。

今までのように夕飯も作れないのでカテゴリー変えると思いますが
こんなブログでも読んでくださる方がいると励みになって更新できそうなので。
まだ次を決めてないのでとりあえずよろしくお願いします。

ランキングに参加しています
 ↓ 1日1回ポチっと押してくれたら嬉しいです~


にほんブログ村
にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村

くも膜下出血で手術・入院生活①(お見苦しい写真あり)

ここ数日、夜中に寝汗が凄くて何度も着替えて寝不足でつらい。
手足は冷たいのに首から上だけ汗びっしょり。
髪の毛も洗ったみたいに濡れて冷たくて
夜中に起きるたびにドライヤーで乾かさなくちゃならない。
首から上だけってのがなんだか怖い~。
頭の中で何か起きてるのか?

退院してからフラフラして起き上がるのがつらいのは
血圧が低すぎるからみたい。
手術後からずっと血圧を下げる薬を点滴して、飲んで・・・
上が90で下が70とかって、経験したことがないくらい。
半量に減らしてもダメで、1週間前から飲むのをやめたけど
それでもなかなか血圧は戻らない。

体調不良で不安で病院に行きたいと思っても
私を執刀してくれた担当医は受診するのが難しい。
入院していた病院では手術担当で外来では診てもらえない。
少し遠い病院で木曜日の午後だけ外来で診察してもらえる。
今後はそっちに来るようにと言われた。
先週の木曜日に夫に車で連れていってもらったけど
今は一人でその病院まで行くのは絶対に無理だし
もう少し元気になっても電車を乗り換えて・・・行けるのか?
木曜日以外に診てもらいたいときはどうしたらいい?
そういう小さな不安がいっぱいあって精神的にまいってるのかも。

その医師は(看護師さんかリハビリ師さんが言ってたのか忘れたけど)
アメリカ帰りのエリート医師で、手術の症例数がとても多いらしい。
明るく 「ハーイ!元気?」 と手を振ってベッドに来るので
「元気じゃないです、頭が痛いです」 と答えていました。
今は痛いけどそのうちに治るよ~、と明るい主治医でした。

さて、入院生活です。

1/21(土)の昼頃から手術したらしいのですが
私はこの日は意識が戻らなかったそうです。

手術が終わりICUに移動する私を
夫と息子が見守ったそうです。

1/22(日)は、時間はわからないけど時々意識あり。
両手両足を拘束されていて動けない。
(苦しがって大切なチューブなどを外さないような処置だそうです)
喉にも気管チューブか何かが入れられていて声も出ない。
うっすら目を開けたら白い天井と照明と金属の柱のようなものが見えた。
あ~、きっとここは病院なんだな。
私は一応生きてはいるけど大変なことになったみたい。
そんなことを朦朧と思うとまたすぐに気を失う、を何度も繰り返し。

22日の午後に意識が戻ったことを看護師さんに気付いてもらえた。
その後に夫と息子が面会できて
息子が 「生きててくれて良かった」 と言ってたのを覚えています。
それまでは痛くて苦しくて、これなら死んだ方が楽だったかも、と
罰当たりなことを考えたことを後悔しました。
今こうしていられて生きていて本当に良かったです。

これから2週間以上、ICUでの治療が続きます。
ICUは家族だけが昼と夜に短時間面会できました。

23日(月)は昼と夜、夫が面会に来た。
薬を飲むためにドリンクゼリーで流し込んだ。
頭の血を抜くドレーンを外したんだけど
その穴はホチキスでバチンと閉じられた。
呼吸器も外されて自力で呼吸。
今のところマヒは無いっぽい。
夕飯に出たジュースが飲めた。

毎朝、看護師さんに呼びかけられて
その日の日付・曜日・氏名・生年月日を言わされる。
そして 「意識クリア」 と確認されて
両手の指を折ったり、グーチョキパーをさせられる。
自分でもちょっと安心する。
でも頭は傷も中もガンガン痛い。

1487046780799 - コピー

この写真は術後1週間くらいかな?
頭の傷部分を覆っているガーゼが適当な感じ~。
最初の頃は頭から出る血液を貯めるドレーンが出ていたけど
この写真ではそれが無い。
いろいろ繋がれていたものも減ってるみたい。

今思うと最初から写真撮ってくれてたら良かったのに、と思うけど
ICUは携帯電話使用禁止だったし
隠し撮りとか、それも不謹慎かも・・・
この写真も嫌がる夫に頼みこんでやっと撮ってもらいました。
お見苦しいので顔は隠しましたが、酷い姿です。
鏡も見られなかったので初めて見たときは超ショックでした。
でも自分の状態を知りたかったです。

今までのように夕飯も作れないのでカテゴリー変えると思いますが
こんなブログでも読んでくださる方がいると励みになって更新できそうなので。
まだ次を決めてないのでとりあえずよろしくお願いします。

ランキングに参加しています
 ↓ 1日1回ポチっと押してくれたら嬉しいです~


にほんブログ村
にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村

2017.1.21 くも膜下出血の手術(記憶なし) 50代女性が一番多い?

くも膜下出血発症 のつづきです。

朝の7時少し前に病院に着きました。
夫が受付をしている間はロビーの椅子に横になっていました。
誰かが来て 「インフルエンザの検査をします」 と鼻をグリグリ。

その後はレントゲン室へ。
下着のシャツ1枚になり寝たまま頭と胸のレントゲンを撮りました。
その後すぐに 「さぁ、ゆっくり寝ましょうね~」 と注射をされて
そのまままったく記憶がありません。
おそらくレントゲンだけで症状がわかり、即手術決定だったのでしょう。

1月21日、この日はまったくそのまま意識がありませんでした。
後から夫に聞いたところ
すぐに手術しないと再出血したら助からないと言われたそうです。
その際の説明では
手術しても3分の1はそのまま亡くなり、
3分の1は脳梗塞などの重い後遺症が残り、
残りの3分の1が軽い後遺症程度は残るかもしれないが成功だと言われたそうです。

でも手術が成功しても2週間の間は血管攣縮(けっかんれんしゅく)
というものが起こりやすく脳梗塞の危険があるらしいです。
それを防ぐために2週間ICUで管理することになる、と。
手術方法は開頭して動脈瘤をチタンのクリップで止めるクリッピング方式だそうです。

そして、手術の同意書にサインしたそうです。
(後から聞いただけで怖い~)

その後連絡していた息子が駆けつけ、
夫の兄夫婦も来てくれたそうです。

入院した総合病院は脳外科の体制がしっかりしているらしく
脳外科チームというのがあり、医師が4~5人いました。

手術前の検査・準備などがあり手術開始は午前11時頃と言ってたかな?
終わったのは夕方4時半頃だったそうです。
その間は夫と息子は病院の面会所(ラウンジ?)のような場所で待っていたそうです。
後からこれらを聞いた時、病気になったのが自分で良かった、と思いました。
家族がそんな状態なのを冷静に待てる自信がありません。
自分勝手だけど・・・

後日、退院して家に帰ると、病院の袋に布切れが・・・
これ何?と袋の中を見たら
半分に切られた私が着て行った下着のシャツでした。
処置のために切って脱がせたそうです。
ドラマで見るシーンみたい・・・
かなりショックでした。

入院中に看護師さんやいろんな人に聞いた話では
くも膜下出血になるのは50代の女性が一番多いらしいです。
自分の症状や後遺症を詳しく知るのがまだ怖くて
自分ではあまり検索して調べていないので伝聞ですが。

夫はもっといろいろ記憶しているようですが
今は怖くてこの程度しか聞いていません。
それでも聞くだけで怖くて現実逃避したくなります。
私が怖がりなのを知っているので、黙っていることもあるみたいです。
今後もっと回復して聞いても平気な時期になったら教えてもらうかも。

こうやって文字にして確認するのはとても辛いこともあるけど
ただぼんやりして過ごすよりも脳のリハビリになるような気がします。
入院記録をまだ続けるつもりなので、よろしければお付き合いください。

今までのように夕飯も作れないのでカテゴリー変えると思いますが
こんなブログでも読んでくださる方がいると励みになって更新できそうなので。
まだ次を決めてないのでとりあえずよろしくお願いします。

ランキングに参加しています
 ↓ 1日1回ポチっと押してくれたら嬉しいです~


にほんブログ村
にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村

2017.1.20 くも膜下出血を発症した夜

2~3日前から夫が高熱を出し、医者に行ったらインフルエンザA型だって。
会社で流行っていたのをもらったらしい。
予防接種してるのにどうして~?
手術後で免疫力低下している私にうつったら困る~。
家の中でもお互いにマスクをして接触しないようにしています。
空気清浄機もフル稼働です。

あの日からちょうど1ヶ月。
家にいて以前と変わらず(ちょっと変わったけど)ブログを書けるのが不思議。
1月20日は息子の中高時代のママ友との新年会でした。
今思うと、その頃は毎日頭痛が・・・体調が・・・と言っていました。
午後の韓国語講座をお休みしてロキソニンを飲んで
夕方からお茶会に出掛けて2時間ほどお喋り。

その後はイタリアンバルで飲み会でした。
お酒が飲めない私はジンジャーエールでした。
お料理はアヒージョとかフォアグラとかこってりしたものが多かった。

飲み会後は、自宅まで電車で一駅なのに
体調が悪くてタクシーで帰りました。
帰宅後はお腹の調子が悪くてトイレに入り
気持ちも悪くて嘔吐しました。
食べたものが脂っこかったのかな~と思っていました。

何度目かのトイレの時に突然後頭部でパチンと風船が割れたような感じ。
頭の中が黒とどす黒いピンクになったように感じました。
この時は夜の11時頃だったかな?

(あー、書いてたら思い出して怖くなってきた~)
でも夫は頑張ってそれを乗り越えろ!と言うので泣きそうです。

後頭部がとんでもなく痛くなってますます吐き気がして
後頭部の硬直がひどくてベッドに横にもなれませんでした。

夫に、絶対になんか変だから病院に行きたいと言うと
薬飲んで一晩寝て様子をみなさいと言います。
夫はお酒を飲んでいたので運転できないし、面倒くさかったのだと思います。

頭は痛かったけど意識はあったので
いつものロキソニンを飲んで寝ようとしたけど一睡もできませんでした。
朝の4時半頃から救急病院に電話をかけ始めました。
症状を言うと 「脳外科の医師がいない」 と断られ
その病院で救急コールセンターなるものを教えられ
受け入れてくれそうな病院探しが始まりました。
これ、最初は夫が対応してたけど、そのうちに私が自分でやっていました。
救急車を呼ぶことを勧められたけど、大げさな気がしてできませんでした。

早朝5時半頃にやっと受け入れてくれそうな病院を見つけました。
でも医師の交代の時間なので朝7時になったら来てくれ、と。
そして、自宅から車で20分ほどの病院に駆け込んだのでした。

手術編につづきます。

今日も体調が悪かったけどリハビリしないと歩けなくなるので
夫に支えてもらいながら家から徒歩5分の薬局に行こうとしました。
でも気分が悪くなりたどり着けなくて途中で引き返しました。
フラフラなのでちょっと行って引き返しただけで20分かかりました。
本当に日常生活に戻れるのか超不安です。

今までのように夕飯も作れないのでカテゴリー変えると思いますが
こんなブログでも読んでくださる方がいると励みになって更新できそうなので。
まだ次を決めてないのでとりあえずよろしくお願いします。

ランキングに参加しています
 ↓ 1日1回ポチっと押してくれたら嬉しいです~


にほんブログ村
にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村

近況報告~くも膜下出血で手術・入院しました

お久しぶりです。
ずっとブログをお休みしたのには理由がありまして。
突然のくも膜下出血で緊急手術・入院していました。
今は退院して自宅療養が始まりました。

まだまだ痛いこと、不自由なこと、後遺症のこと、いろいろ不安なことはありますが
普通の生活を送ることがリハビリだと言われているので
今までのようにはできませんが、自分の記録のためにもブログを続けようと思います。
パソコン画面を見るのも、文字を打つのも疲れてとても時間がかかります。

今後は発症・手術・入院生活などについて少しずつ記録していけたらいいなと思っています。
ちょっと忘れっぽくておバカさんになってしまったので忘れないうちに書かなくちゃ。
頭がモヤモヤして言いたいことがまとまらないので変な文章だったらごめんなさい。

頭の手術のせいか頭痛が酷くて、スマホ画面が見にくくて
友人たちに個別に報告もしずらくて
ご心配をいただいているのに不義理をしていてごめんなさい。
こちらで少しでも様子をお伝えできたらと思います。

今までのように夕飯も作れないのでカテゴリー変えると思いますが
こんなブログでも読んでくださる方がいると励みになって更新できそうなので。
まだ次を決めてないのでとりあえずよろしくお願いします。

ランキングに参加しています
 ↓ 1日1回ポチっと押してくれたら嬉しいです~


にほんブログ村
にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村