スイス政府発行の 「民間防衛」

         民間防衛

今日と明日は本当ならミスチルの仙台公演でしたね。
使用するはずだった会場は、少し前は遺体安置所になっているとニュースで見ました。
悲し過ぎる。

今日はRAINの北京公演で、行ってるお友達もいるんだろうな~。
私は北京はなぜか行く気にならなくて最初から計画してなかったけど
この時期ソウルに遊びに行こうと思いながらも決心がつかなくて予約してなかった。

そしてその代わりに5月の連休に夫婦でソウル旅行を予約してしまっていました。
でもこんな大災害が起きて、自分の母までが被災している状態で行けないだろうと
キャンセルしてその全額を見舞金と義援金に充てることにしました。
夫もかなり楽しみにしていたけど、理解してくれて良かったです。

さっきテレビでスイスの救援隊の活動を見ました。
災害を知っていち早く日本に駈けつけてくれ、救助犬と一緒に瓦礫の中で活動していました。
それを見た息子が部屋からこの本を持ってきて 「ママも読みな」 と置いて行きました。
5~6年前、大学生の頃に買って読んだそうです。

スイス政府が発行していて、スイスの家庭には一家に一冊配布されるそうです。
非常事態、おもに戦争時について書かれていますが
必要物資のリスト、避難場所、放射能からの身の守り方など参考になります。
こんな事態にならなきゃ私は一生読むことのない本だったかも。

明るい話題をと思ったけど、また暗いですかね。ごめんなさい。

民間防衛2