影響いろいろ

2011/03/15  CATEGORY/その他


節電のためにパソコンつけないようにしてるけど
情報収集も含めて1日1時間くらいはいいよね?
思いっきり節電生活をしています。
だってぬくぬくしていると変な罪悪感を感じるんだもん。
私の小さな協力が回り回って被災者や私の母の助けになりますように。

きのうは計画停電のために交通網も大幅に乱れ
息子はなんとか出勤できましたが
部署の人は半数が出社できずに自宅待機だったそうです。

私は本当は外出したくなかったんだけど
1ヶ月に1回の病院の予約の日でしぶしぶ出掛けました。
と言っても徒歩で駅前までだけど・・・
とっても暖かい日だったけど、もしも外出中に災害に遭遇した場合に備えて
薄めのダウンを着て、逃げやすいようにジーンズにスニーカー。

病院に着いてみたら 「計画停電のために診療は4時まで」 だって。
私は3時20分の予約だったからギリギリ大丈夫でした。
診察が終わり調剤薬局に行ったらものすごい混雑で
いつもは5分か10分で薬が出るのに今回は1時間も待ちました。
いつもは3人いる薬剤師さんが一人しかいませんでした。
きっと出勤できなかったのね・・・これも地震の影響ですね。

       110314-1.jpg

終わったら夕飯の買い物をして帰ろうと思っていたのに
計画停電の予定だったのでスーパーもドラッグストアもみ~んな閉店。
パチンコ屋もツタヤも一時閉店してまた夜から再開という状態。
コンビニのレジは大行列で空っぽの棚ばかり。
照明を落とした暗いマクドナルドには外の歩道まで行列ができていました。
外出したら事態の異常さをますます感じました。
結局は私の住む地域は予定の時間になっても停電しませんでしたけど。

110314-2.jpg

でも嬉しいこともあったの!
電気が復旧したとのことで午前中に仙台の母から電話がありました。
通話状態が悪くてすぐに切れてしまったけど、声を聞いてとても安心しました。

その後、夜にまた電話があり長めに話すことができました。
ペットボトル1本の水をもらうために2時間並んだそうです。
戦争経験者なので 「まるで戦時中みたいだった」 と言っていました。
家屋は無事だけど家の中のものはほとんどメチャメチャに壊れてきれいさっぱり。
命があればもう何も要らない、茶碗2つで生きて行ける、だって・・・
断水で洗い物ができないので、茶碗にラップを敷いて汚さないように使うそうです。
人間ってなんでも工夫するもんだね~、と笑っていました。
その明るい笑い声を聞いて泣けてきました。

息子と電話を代わったら、さすがに孫に心配されて嬉しいのか母も泣いていました。
でも強い。どうしてあんな目にあっても強いのでしょうか。

私は尊敬する人とか真面目に考えたことがなかったけど
無意識に尊敬しているのは母かもしれないと思いました。
戦争で父親をなくして苦労して、大きな地震遭遇も今回が3~4度目のはず。
あの逞しさはいろんな事を経験した強さなのかな。

テレビでは4日ぶりに瓦礫の中から救出されたニュースとか
被災地での物資の不足、環境の悪さなど、良いこと悪いこといろいろ見ます。
被災地から離れた場所でも不安感からか買いだめに走り回っているとか・・・
我が家は日々の生活に必要なものだけ買おうと思います。
家の中に眠ってる保存食とかを使い回してるけど、結構あって驚きます。
肉類とかはほとんど食べてないけどそれでも元気だし、かえって健康にもいいかも。
みんなパニックにならずに冷静な行動をしましょう。

今回の大災害での日本人の理性的で思いやりのある行動は、海外で絶賛されているそうです。
私も日本人を見直して、自分が日本人であることを誇らしく思いました。
よし!これを機に節電や生活改善しながら少しはまともな人間になれるように努力するぞ!
みんなで自分のできることを少しずつ頑張ろうね~。

110314-4.jpg