こねないカンパーニュはなぜモチモチなのか?

p90108-2.jpg

夜中に仕込んで翌日焼くホシノ天然酵母のパン。
今回は以前から気になっていたこねないパンに初挑戦です。
ちゃんと勉強したワケじゃないので聞きかじった自己流ですが。

材料全部をゴムべらで粉っぽさがなくなるまで混ぜるだけ。
所要時間は1分くらいしかかかってないかも~?

一晩(8時間くらい)キッチンで放置したらこんな感じ ↑ でした。

p90108-3.jpg

★材料(自分のためのメモです)

 水                 100cc
 タイプER            150g
 砂糖                 5g
 塩                 2.5g
 ホシノ天然酵母生種      20g

p90108-5.jpg

ホシノ天然酵母を使うとまとまりにくくてダラダラで私の手には負えません
ハードパンの配合で成形が楽チンなカンパーニュのカゴに入れてみました。

2次発酵が終わってカゴから出したら1箇所くっついていました。
そこからガスが抜けちゃったのでクープは開かないし・・・こんなところが破裂

p90108-6.jpg

食べてみたらモッチモチで美味しい~
まったくこねてないのにどうしてこんなに弾力があるんだろう。
パンってこねることでグルテンができるんじゃないの~?
不思議・・・不思議・・・???
次回もこねないパンの研究だな

ハーブ入りクリームチーズと生ハムのシンプルなサンドイッチが美味しかったです

p90108-7.jpg


いつも応援していただきありがとうございます。
よろしければ今日も1クリックお願いします
  
にほんブログ村 料理ブログ ホームベーカリーパン作りへ  ← ポチっとね