サラリーマンの夫が65歳になると60歳以下の妻は

180520.jpg

先日、私宛に日本年金機構から3通の封書が届いた。
うち2通は国民年金保険料納付書だった(29年度分と30年度分)

え~、どうして~?
夫はまだ会社勤めでお給料から厚生年金引かれてるから
私は3号の被保険者なんじゃないの~?
夫も何かの間違いだ、年金事務所に電話する!と言っていたけど、
私がネットで調べてみたら・・・

65歳を過ぎた給与所得者で厚生年金を払っていても
年金受給資格があれば本人も2号被保険者ではなくなって、
60歳以下の配偶者も3号→1号被保険者に変更になって
自分で国民年金を払うことになるんだそうだ・・・
「被保険者の資格の特例」 だそうだ。
なんだかありがたくない 「特例」 だわね。

詳しくは こちら

夫にいろいろ聞いてみたら、去年の11月に65歳になってから
お給料から介護保険料が引かれなくなって
自分の口座から引き落としの手続きをした、とか、
2か月に一度、年金がもらえるようになったよ、とか、
聞いてないんですけど~!!!

その年金も、会社のメインバンクの口座に入金だって。
いずれもらう年金はゆうちょ銀行にしてね、って言ってあったのに。
面倒くさいのか、なんにも共有してくれなくて
後から知って、え~!ってことが多すぎる。
まぁ、私も面倒くさくて興味ないんだけど・・・

うちは夫婦の年齢差が9学年なのでこういうことに。
夫の周りではこういう人がいなかったので知らなかったそうです。
うちら夫婦だけが無知で、世間では知られている事なのかなぁ。

今までは会社にお任せで何も知らなくても大丈夫だったけど、
今後はいろいろ自分たちが関わらなければならないんだな。
は~、面倒くさい。

 ↓ 1日1回ポチっと押してくれたら嬉しいです~

にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村

私の老後準備 ~ 執着から離れる

私はものごとに対する執着が強いほうだと思います。
特に思い出とか年月とか、形の無いものに執着するほうかも。

でも1月にくも膜下出血になって
人間って急に死ぬことがあるんだと実感してしまって
なんだか少し考え方が変わったような気がします。
相変わらず毎日をダラダラ過ごしていることは変わらないけど
ちょっとだけ覚悟のようなものができました。

執着していたものを少しずつ手放そうと思います。
それはモノだったり気持ちだったり、いろいろです。

まずは6月いっぱいでスカパーを解約しました。
家のリノベーション期間中、仮住まいで見られなかったのに
ずっと受診料を払い続けて止めなかったので
14年7ヶ月の契約期間だったそうです。
ここ何年もほとんど視聴していませんでした。

あれは2002年、ミスチルの桜井さんが小脳梗塞で倒れて
その1夜限りの復活ライブのチケットが取れずに
スカパーで生放送があったので加入したのでした。
そういう強い思い入れもあり、
ミスチル、RAINの出演番組を見逃さないように
放送が無い期間もずっとずっと契約し続けていました。
でもね、なんだかもういいや、と思いました。

他には、昨年末docomoから変えたときに
メールアドレスの変更の連絡が不完全なまま1月に病気になり
それ以後は連絡するのをやめました。
その上、アドレス帳にある電話番号をたくさん削除しました。
人間関係もスッキリと(笑)

さて、次は何を手放そうか。
ずっと惰性で続けていた韓国語はどうしようか。
ただお友達とのお喋りが目的だったけど
病気でずっと休んでいたら、もういいかも、という気持ちになりました。
でも学ぶということは何かしら継続したい気もします。

手放す、離れる、捨てる、という決断をするときには
自分にとってこれは大切か、必要か、を考えます。
自分が手放したくないものを失うこともあるかもしれません。
そんなときでも心穏やかでいられるように
執着から離れる訓練中です。

 ↓ 1日1回ポチっと押してくれたら嬉しいです~


にほんブログ村
にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村